化粧は社会人のマナー

女性が化粧をすることは、社会で働くときの最低限のマナーであるとも言えます。

最初にそれを感じるのは、就活をするときではないでしょうか。日本では高校までは校則があり制服の着こなし方や頭髪の色、化粧は禁止など様々なことが校則で禁じられていることが多いと思いますが、大学生になるとそれが一気になくなり開放感に満ち溢れます。私服で学校に通えることはもちろん、化粧をすることだって自由ですし頭髪の色も自由です。
ですが、それまで駄目だったものがいきなり自由になるということは、どうしていいか分からないと戸惑う人もいると思います。洋服のコーディネートや化粧の仕方などは興味があれば好きこそものの上手なれ、と言わんばかりにどんどんセンスも上達していき楽しんで選ぶ事ができますが、そういったものに興味が無い人などはどうしていいか分からなかったり、どうもしなくていいやと思うのではないでしょうか。そしていざ就活するとなったときに、化粧は最低限のマナーであると言われても、というように思ってしまうのも無理は無いと思います。

最近では女子学生のためのリクルート講座などで化粧の仕方も教えてくれるところがあったりしますが、派手になりすぎてはいけず、でもすっぴん感は出さないというナチュラルメイクが求められるのでその加減が難しいと思います。女性の仕事には化粧をするスキルも必要になるので、こうしたところにも大学側だったりが干渉していくのも必要だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です