世間に溢れている「求人情報」の使い方

ただいま就活真っ最中という方多いと思います。私もず~っと就活してきました。ネットの求人・就職サイトに登録したり、ハローワークのネットの求人をまずチェックしてよいところがあると、職安へ行き紹介してもらったり、まずネットで探して連絡してその会社の感触をみてみるようにして、探してきました。結果、すべて見事に惨敗です。

職探しは1人ではかなり無理があります。今はネットがあり、その地域の情報誌や口コミなど、さまざまな情報を発信しているものがたくさんあります。そういうものをしっかり調べて利用したほうが、心強いし見つかりやすいと思いますよ。

しかしその情報が全部が全部正しいとは限りませんので、もっと詳細なことが知りたければ、自分の足と目と耳で実際に出かけて様子をみてくるということも必要です。
そして人の物事の捉え方も人それぞれという事も忘れないように。ここまで探してきたのですから、自分の納得いくまで探した方がいいと私は思っています。

自分の理想とする会社などめったにお目にかかれるものではありません。それでも妥協せず探すことが大事です。そして自分は仕事をすることに何を求め、会社に何を求め、それに対して自分に何ができるかを知ることです。

働くことが決まったら、一日の大半は会社で過ごすことになります。その場所が快適であればあるほど、自分自身を活かせる仕事ができます。何かに遠慮したり、おびえたりでは自分の経験や知識は発揮できません。のびのびと仕事ができる職場環境を見つけるのはあなた次第です。

それはある程度の「運」も関係してきます。あなたの「運命」や「良い運」はあなたの中にあります。何かをすれば見つかることもありますが、本来はあなたが一番よく知っているはずです。

私も絶対に諦めません。これだけ情報の溢れている社会です。どこかに良い情報必ずあります。
それをどう活かして自分の就活に活かしていくかは、あなた自身が決めることです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です